観葉植物 フィカス アルテシマの育て方

観葉植物 フィカス アルテシマの育て方

お部屋の印象を手軽に替える事の出来るインテリアプランツ
ちょっと植物を取り入れるだけでも、いつものお部屋がオシャレで楽しくなります。
中でもオシャレで育てやすいと人気なのが、ゴムの木(フィカス)です。

ゴムの木という名前は聞いたことがあるかと思いますが、実はゴムの木はとても種類豊富で、個性的な植物が沢山あるんですよ。

その中で今回ご紹介するのは、『フィカス・アルテシマ』です。

フィカス・アルテシマとは?

ゴムの木は約800種類以上あると言われます。
その中で人気トップ3に入るのが、今回ご紹介するフィカス・アルテシマです。

ゴムの木と呼ばれる所以は、幹から出る樹液がゴムを作る原材料になるからです。
ゴムを作る原材料にとどまらず、育てやすさや見た目の美しさから近年インテリアプランツとして人気がでてきました。

フィカス・アルテシマの最大の魅力は鮮やかな葉にあります。ライトイエローの葉に鮮やかなグリーンの斑が入り、お部屋を一気に明るくしてくれます。
耐陰性も高いですが、光の量が多ければ葉の斑がより鮮やかになります。

フィカス・アルテシマの花言葉

フィカス・アルテシマの花言葉は『永久の幸せ』なので、贈り物にもイイですね。
フィカス・アルテシマは葉色が他のゴムの木と比べて明るく、見ているだけで元気出る植物です。
又、黄色という色は風水的にもとても良く、金運アップ効果も期待出来るので、お店やオフィスのオープンのお祝い等にピッタリです。

フィカス・アルテシマの育て方

【土がしっかりと乾いてから】

出典:https://horti.jp/6026

ゴムの木(フィカス)はとても丈夫で育てやすい植物です。
枯らしてしまう一番の原因が、お水のやりすぎです。
可愛がってついついお水をあげすぎてしまい、根に痛みが出て枯らしてしまう事が多い様です。
お水やりのタイミングは、『土がしっかりと乾いたら鉢底から流れ出る程たっぷりと』このメリハリがとても大切です。又、鉢皿に溜まった水は、雑菌の発生や匂いの原因となりますので捨ててください。

鉢の大きさ・季節や気温・換気の具合によってお水やりのタイミングは変わってきます。
何日に一回と決めず、土の状態を見てお水やりをするのがベストです。
お水やりに自信が無い場合は、市販されている水やりチェッカー等を利用すると良いですよ。

【直射日光を避けて柔らかな陽が当たる場所で】

出典: https://publicdomainq.net/interior-room-0013621/

フィカス・アルテシマは、光量が多いほど斑がしっかりと出てきますので、なるべく明るい場所で管理をオススメします。
長時間直射日光にあてると、葉焼けを起こすことがありますので、注意して下さい。

レースカーテン越しの柔らかな光が当たる場所、又風の通る窓際が最適ですが、冬の寒い時期は窓から寒さが伝わりやすく冷害を受けてしまう恐れがありますので、夜間は少し窓から離れた場所で管理しましょう。

余りにも光量が不足してしまうと、葉が光合成を不要と判断し落葉してしまうので、天気の良い暖かな日は数時間だけ日光浴をさせてあげると良いですよ。

【暖かな時期の生育期には肥料を】

植物は暖かな春から寒くなる秋間での間、どんどん生長していきます。この時期は少量の肥料を与え、生育を手伝ってあげましょう。
フィカス・アルテシマは冬の間は生長が穏やかになります。その時期に肥料をあげてしまうと、栄養が多すぎて根痛みにつながりますので、注意しましょう。冬の最長が穏やかな期間は、少量の活力剤を与えるだけで十分です。

【適度な湿度と換気を心がけて】

室内で植物を育てていると、虫等気になりますよね。観葉植物に付く虫や病気はなるべく予防で防いであげて下さい。

虫や病気が発生する一番の要因は、乾燥と空気の動きが無いことです。
乾燥が気になる時はスプレー等で葉水し、定期的に窓を開けて換気をすれば虫や病気を極力予防する事が出来ます。

又、AoNoKiではセラミスを使った植物も随時商品化予定です。無機質の土壌のセラミスは虫の発生を極力抑える事が出来ますので、是非お試しください。

【植え替えは暖かな時期に】

フィカス・アルテシマは冬の時期生長が穏やかになります。その間植物の勢力も弱くなっていますので、植え替えなど植物に取って大きな変化のあることはなるべく避けてあげて下さい。
植え替えをする時期は暖かな5月から10月の間に行い、根が傷まない様に今ある土はそのままに、周りに土を足す様なイメージで行ってください。
根を少し切って植え替えるテクニックも有りますが、ダメージが出るリスクがあるので余りオススメいたしません。

【お気に入りの樹形に】

フィカス・アルテシマは暖かい時期生長スピードが早いので、年数を重ねるとバランスが崩れてきます。その時はご自身で簡単に剪定が出来るので、是非挑戦してみてください。葉の整理や樹形を整える剪定は年に1回程度、短く切り詰める強剪定は数年に1度行って下さい。


赤〇の部分が生長点になります。
葉の近くにプツっとした生長点が有りますので、それを切り落とさない様気を付けながら、又剪定した枝の丈夫に葉を一枚残してあげて下さい。
葉を一枚残す事によって、枝の先まで水を吸い上げやすくなります。
又、剪定をする際は、上向きの葉や、外に向かっている葉の場所で剪定すると仕上りが綺麗になります。

気温が高い方が芽吹きが良く失敗が少ないので、暖かな5月以降行う事をお勧めいたします。

【剪定の後は、挿し木に挑戦】

伸びすぎた枝葉を数年に一回程度剪定した際、元気な枝葉を捨ててしまうのはもったいないですよね。
そんな時は、挿し木に挑戦してみましょう!

フィカス・アルテシマは挿し木で簡単に増やす事が出来ます。
細い枝の先端では無く、なるべく主軸に近い位置の太い部分の枝を20㎝程度に切り分けて、上部に一枚葉を残しておきましょう。

土に挿す際は切り分けた枝の根元に発根剤を付けることで、格段に成功率が上がるのでオススメです。
土に5㎝から10㎝程度挿して、たっぷりとお水をあげて下さい。
鉢の中で根が回るまでなるべく動かさず、気長に待ってあげて下さい。

きちんと根が回り活着が成功すると生長点から新芽が出てぐんぐん生長して行きますので、是非お試しください。

今回、数多くあるゴムの木(フィカス)の中で、フィカス・アルテシマをご紹介しました。
室内の雰囲気を一気に明るくして、元気を貰えるフィカス・アルテシマは、お家で過ごすことが多くなった、ニューノーマルな生活にピッタリです。

『植物を育てたいな。でも何を選んでいいかわからない。』という際には、是非、育てやすいいフィカス・アルテシマもご検討下さい。